葉酸サプリ選びでお悩みの方は必見です!

葉酸サプリのおすすめはどれ?



「葉酸サプリも沢山あって、どれが良いのかわからない・・・」とお困りの女性も多いでしょう。そんな方の為に、ここでは妊婦さんの為の葉酸サプリの人気ランキングを紹介しています。

以下でお話する葉酸サプリ選びのポイントと合わせてご覧ください。


葉酸サプリ選びに大切な5つのポイント!



葉酸サプリは、ドラッグストアやマタニティ専門店、ネットなどで購入することができますが、大手メーカーのものから聞いたことがないメーカーのものまで、びっくりするくらいその種類は豊富です。

そんな中から「やっぱり店頭で買える大手メーカーのサプリが安いし安心よね!」と安易に決めてしまうのは考え物です。


大手だからと言って高品質であるとは限りません。成分表を見てみると、葉酸サプリであるにも関わらず、葉酸よりも合成成分や添加物の配合量の方が多い人気商品もあります。

赤ちゃんのことを考えれば、品質には妥協せずにこだわりたいところですよね。その点を踏まえたうえで、ここでは葉酸サプリ選びで重要な5つのポイントについて簡単に紹介したいと思います。

(1)葉酸は400μg以上配合されているか

妊婦さんに必要な葉酸摂取量は1日400µgです。そのため、しっかり400µg摂取できる葉酸サプリを選びましょう。

(2)モノグルタミン酸型の葉酸であるか

妊娠中の栄養サポートとして厚生労働省が勧めているのは合成(モノグルタミン酸型)葉酸です。神経管閉鎖障害のリスク低減に有効なのは、天然葉酸ではなく合成葉酸と実証されています。

(3)余計な添加物は入っていないか

添加物の摂取はアレルギーの原因となりますので、香料・着色料はじめ、不要な添加物が入っているサプリは避けなくてはなりません。

(4)葉酸の他、妊婦さんはじめ女性に必要な成分は入っているか

妊娠すると赤ちゃんに栄養が送りこまれるため、妊婦は様々な栄養が不足しがちになります。葉酸以外にもビタミン・ミネラル、鉄分、カルシウムなど妊婦が不足しやすい栄養素を補えるサプリを選ぶと良いでしょう。

(5)口コミやランキングを参考にしよう

葉酸サプリは赤ちゃんの健康に大きく関わりますので、実際に飲んで無事元気な赤ちゃんを出産した愛飲者の声は、葉酸サプリ選びにおいてとても心強いものとなります。気になる葉酸サプリがあれば口コミまでしっかりチェックしましょう。


いかがでしたでしょうか。葉酸サプリ選びについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。下記では、これらポイントをおさえた葉酸サプリを紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね!


葉酸サプリのおすすめ人気ランキング

ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ
ばっちり400μgの葉酸が摂れる他、27種ものビタミン・ミネラル、21種の野菜、6種の美容成分が配合された贅沢な葉酸サプリです。サプリで気になる香料・着色料などの添加物は一切入っていませんので、デリケートな身体の妊婦さんでも安心して葉酸を摂取することができます。また、BELTAコールセンターでは出産経験のあるスタッフが対応してくれますので、独自のサポート体制も初産の妊婦さんの強い味方となってくれます。

定期購入価格:3,980円(税込)、通常購入:5,980円(税込)
商品構成:120錠(30日分)
配合成分:葉酸400μg/ビタミン・ミネラル27種/鉄16g/カルシウム232g/美容成分8種/野菜21種


AFC葉酸サプリ
AFC葉酸サプリ
女性100人の声をもとにして誕生したのがこのAFC葉酸サプリです。葉酸には、厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型葉酸」を採用しています。お手頃な価格でありながら、国内工場で製造、放射能検査など品質の安全管理は徹底されています。また、粒のサイズやボトルデザインまで女性ならではの視点でこだわって作られている点も魅力です。

通常価格:1,800円(税別、3か月分/4,800円、6か月分/8,400円)
商品構成:120錠(30日分)
配合成分:葉酸400μg/鉄10㎎/カルシウム200㎎/ビタミン8種


オーガニックレーベルの葉酸
オーガニックレーベルの葉酸
葉酸の他、マカや生姜、ルイボスなど体に嬉しい100%天然由来成分が配合されている自然派葉酸サプリです。103種の天然原料が使用されていますが、残留農薬や放射能検査を実施していますので安全性は確かなもの。1粒に栄養がギュッと凝縮されているため、2粒で400μgを摂取することができます。初回のみお得な価格で購入することができますよ。※条件アリ

定期購入価格:無料(※初回、2回目~3,960円)、通常購入:4,400円(税込)
商品構成:60錠(30日分)
配合成分:葉酸400μg/ビタミン・ミネラル/酵素・ざくろ・マカなど天然原料103種



妊婦さんに教えたい!葉酸サプリがもたらす大きな効果とは?



妊婦さんや、近々妊娠を希望されている方に必要なのが「葉酸」です。

妊娠時にたくさん摂らなくてはならない栄養素であることは知っているけど、それがどのような効果をもたらすのか、具体的な理由までは理解できていないという方も多いと思います。

様々な栄養素がある中、どうして出産を予定する女性に葉酸の摂取が求められているのでしょうか。

ここでは、葉酸の必要性や葉酸サプリの有効性などについて見ていきたいと思います。


葉酸ってどんな栄養素なの?



葉酸とは、ビタミンB群の一種であり、葉物野菜やレバー、豆類などに多く含まれる栄養素です。ビタミンCと同様に、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンであるため、毎日の食事から積極的に補う必要があります。

主な働きは、ビタミンB12と一緒に赤血球を作り出す造血作用があります。また、葉酸は、細胞分裂の盛んな組織に多く存在していることから、成長をサポートする働きがあります。

推奨される葉酸の量

1日に摂るべき葉酸の量は、成人男女で200μgです。しかし、妊婦さんや妊娠を予定している方の場合は、なんと倍の400μgが必要になります。

偏食をしない限り、成人男女が必要な200μgは通常の食事でカバーできるとされていますが、葉酸は熱に弱いという性質を持っているため、調理の過程で葉酸の量はグンと減ってしまいます。

そのため、妊婦さんに必要な400μgとなると、食事だけ補うことが難しくなってしまいます。そこで勧められているのが、葉酸サプリメントの摂取です。

妊娠時の摂取は国からも認められている!

妊婦さんの体は非常にデリケートですから、口に入れるものに対して気を使いますよね。栄養を補うためとはいえ、サプリを飲むのに抵抗があるという方も多いと思います。

しかし、葉酸に限っては、厚生労働省からもサプリで補うように推奨されているくらい、妊娠時の摂取は安全かつ有効なものだと考えられています。


では、なぜ葉酸が妊娠時に必要であるのか、その理由については下記で詳しく説明したいと思います。


葉酸の効果って?



葉酸と聞いても、その効果についてピンとくる方はそう多くないはず。摂取が求められる妊婦さん当人であっても、曖昧な理解のまま、言われるがままに葉酸サプリを飲んでいるという方もいるかもしれません。

葉酸は、様々な働きがあることから、妊婦さんに限らず、授乳期間中の女性やそれ以外の方にもうれしい効果があります。

ここでは、葉酸を摂取することで期待できる効果について見ていきましょう。


妊婦さんへの効果

■胎児の神経管閉鎖障害の予防

妊娠してまず最初に作られるのが、胎児の神経管です。神経管は、発達に伴い脳や脊髄へと進化する器官で、妊娠初期の時点でここに何か問題が起こると、二分脊椎や無脳症といった神経管閉鎖障害を患うリスクが高くなります。

葉酸は、細胞分裂に重要な役割を果たすビタミンであり、妊娠初期に十分な量を摂取することによって、神経管閉鎖障害の予防に繋がることが研究によって明らかにされました。


■胎児・幼児の発育を促す

葉酸は、体のベースとなるタンパク質やDNAの生成を助ける補酵素として大きな役割を果たしており、胎児や幼児の健康な発育を促します。

人の誕生は、ひとつの受精卵という細胞から始まりますが、たった10か月という短い期間で、莫大な数の細胞分裂を繰り返し、脳や体が形成されることになります。その為、妊娠時にしっかりと葉酸を摂取してあげることで、胎児の成長を助けることができます。

授乳期間中の女性と赤ちゃんへの効果



■母乳の出の向上

母乳を作るために必要なのは血液です。母乳を通じて、赤ちゃんへと栄養を送り届けることができます。

しかし、葉酸が足りないと赤血球を作ることができませんので、悪性貧血に陥る危険性が出てきます。葉酸を補給して、良質な血液を生み出すことで、丈夫で健康な赤ちゃんの発育を促すことができます。


■子宮回復効果

葉酸には細胞分裂をサポートする作用があり、出産により疲れきった子宮を、元気な状態へと回復させる効果が期待できるといいます。

妊婦以外の人への効果



葉酸=妊婦さんというイメージが強いですが、ビタミンB群特有の様々な働きがあることから、実は妊娠の予定がない方にもお勧めしたい栄養素でもあるんです。


■貧血の予防

葉酸は、赤血球を作り出すために重要な働きをします。赤血球には寿命がありますので、体内では常に新しい血が作られています。その際に、葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球の合成をサポートします。

葉酸が不足することによって起こるのが悪性貧血です。悪性貧血とは、鉄分不足による通常の貧血とは異なり、葉酸やビタミンB12が不足することによって起こる貧血です。

葉酸やビタミンB12が不足すると、赤血球が巨大化して血液の流れが滞り、血液中の酸素が正常に運ばれなくなることで、めまいや立ちくらみといった貧血状態に陥ります。

そのため、この悪性貧血を予防するには、葉酸やビタミンB12の摂取が有効だと言えます。


■動脈硬化の予防

葉酸は、血管疾患の予防においても重要な役割を担っています。

葉酸は、動脈硬化に繋がる危険因子である、ホモシステインというアミノ酸をメチオニンと呼ばれる成分に変換する働きがあります。葉酸不足になり、血中のホモシステイン濃度が上昇すると、脳卒中や心筋梗塞といった血管疾患のリスクが高まるとされています。

メチオニンとは、血液中のコレステロール値を減少させ、血栓が発生するリスクを低下させる効果があることがわかっています。ホモシステインは加齢によっても増加しますので、健康のためにも葉酸で予防することが大切です。


■認知症の予防

葉酸は、血管の強化や血流の向上効果にも期待されています。

血流が滞ることで、体内の細胞に必要な栄養や酸素が十分に届けられなくなり、認知症や聴覚障害などを引き起こすリスクが高まると言われています。

葉酸には、先ほども述べたとおり、血栓の原因となるホモシステインを抑制する作用がありますので、血栓の発生や血流の停滞を防ぐことで、認知症の予防に繋がるとされています。


■美肌効果

葉酸はタンパク質を合成する働きがあり、新陳代謝が活性化され、肌のターンオーバーを促します。

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わることで、通常であれば約28日の周期で行われます。しかし、加齢やストレスによってその周期は乱れてしまい、古い角質や汚れが肌に溜まったままになってしまいます。

ターンオーバーが正常に行われることで、お肌は新しい細胞にチェンジされ、シミやくすみといった肌トラブルを予防することができます。

葉酸は男性にも必要?



上記のことから、葉酸には様々効果があり、妊婦さん以外の人にも有効な栄養素であることが理解できたかと思いますが、女性はともかく、男性への必要性はそこまで感じられない・・・と、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

実は葉酸は、妊活中の男性にとってもうれしい栄養素だということが、アメリカのカリフォルニア大学の研究で明らかにされました。


■精子の染色体異常を軽減する?

これまで、胎児の奇形や先天異常の原因には、女性の食生活が問題視されていました。しかし、健康に問題ない男性でも、精子の1~4%は染色体異常が含まれており、少なからず男性にも原因があるということがわかっています。

そこで、葉酸摂取と精子の関係性について調べたところ、葉酸を摂取している方が、染色体異常を持つ精子が少なかったというデータが報告されました。

健康な精子が多いと、それだけ受精の確立も高まると言えます。妊活は女性が行うものというイメージがありますが、妊娠は男性のサポートがあってこそ。妊活中の男性は、パートナーと一緒に葉酸の摂取を心がけたいですね。

<ここまでのまとめ>葉酸摂取が必要な人は?

  • 妊婦さん!特に必要なのが、妊活中の女性や妊娠初期の方
  • 授乳期間中も必要!
  • 貧血でお悩みの方
  • 生活習慣病を予防したい方
  • 肌荒れでお悩みの方
  • 妊活中の男性


葉酸を摂取するには?



葉酸は様々な食材に含まれているため、成人男女の必要量であれば、比較的摂取しやすい栄養素であると言えます。

ここでは、その中でも葉酸が豊富に含まれている食材について紹介します。


葉酸が豊富な食材ベスト3

3位.うに 360μg(※100gあたり。以下同様)



うにには、ホウレンソウの約3倍もの葉酸が含まれています。うには魚介類ですが、マグロやメカジキで見られるような水銀等についての心配はほとんどありませんので、安心して食べることができます。

しかし、生食ですので、食べ過ぎには気を付けなくてはなりません。、


2位.うなぎの肝 380μg



夏のスタミナ料理とも言われるくらい、うなぎは栄養価の高い食材です。良質なタンパク質はもちろん、ビタミンB群、A、D、E、銅、カルシウムなど、体に必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

うなぎに含まれる脂質も、血液をサラサラにする働きがあるDHA・EPAが多いことから、中高年の体にもやさしい食材であると言えます。

この他、葉酸を多く含む魚類は、たたみいわし(300μg)、アンコウの肝(88μg)、煮干し(74μg)などが挙げられます。


1位.レバー 810~1400μg



レバーの中でも、鶏肉には1400μgと、最も多くの葉酸が含まれています。牛のレバーは1000μg、豚のレバーは810μgと、いずれにしても食材の中ではレバーがダントツの葉酸含有量を誇っています。


ただし、妊娠中の場合は、うなぎやレバーで葉酸を摂取するのはNGです。その理由は次でお話します。

妊婦さんはビタミンAの過剰摂取に注意!

うにやレバーには野菜以上に多くの葉酸が含まれていますが、妊娠中に過剰摂取を控えたいビタミンAも豊富に含まれています。

ビタミンAは、動物性由来(レチノール)と植物性由来(β-カロチン)の二種類が存在しますが、妊娠中に注意しなくてはならないのが、動物性由来のレチノールです。

レチノールとは、水溶性ビタミンである葉酸に対して、脂溶性ビタミンであり、油に溶けやすいが水には溶けにくいという性質を持っています。

そのため、余計に摂取してしまった分は体外へ排出できずに体内に蓄積されてしまい、結果として胎児の奇形リスクを高めてしまう可能性があります。ビタミンAの過剰摂取となるのは1日3000μg以上です。

<妊娠中に控えたい、レチノールが多い食材>

  • 鶏のレバー 14000μg
  • 豚のレバー 13000μg
  • うなぎの肝  4400μg
  • アンコウの肝 2800μg

いずれも100gあたり、葉酸を200μg以上含む動物性の食材ですが、。妊娠中は、こうした食材を避けて、野菜やサプリから葉酸を摂取するように心がけましょう。


妊婦さんでも安心して食べられる葉酸を多く含む食材

ビタミンA(レチノール)の過剰摂取や、水銀等のリスクを避けるためには、やはり野菜からの葉酸摂取が望ましいです。

では、妊婦さんでも安心して食べられる、葉酸含有量の多い野菜ベスト3を紹介します。


3位.納豆 120μg(100gあたり。以下同様)



納豆1パックで60μgの葉酸を摂取することができます。120μg摂取するには2パック食べる必要がありますが、混ぜて食べるだけなので調理の手間もなく気軽に取り入れることができるでしょう。


2位.枝豆 260μg



納豆同様に、大豆である枝豆も豊富な葉酸を含んでいます。野菜の場合、茹でたり炒めたり、調理の過程で栄養が減少してしまうことがありますが、枝豆の場合はさやに包まれているため、葉酸の流出を防ぐことができます。


1位.モロヘイヤ 250μg



葉酸が初めて発見されたのはホウレンソウであり、青菜類の野菜には基本的に多く含まれていますが、中でも最も含有量が多いのはモロヘイヤです。

ただ、こうした野菜類は、煮たり茹でることで葉酸が減少してしまいますので、調理法に注意して食べる必要がありますよ。

葉酸を減少させない調理法とは?

コロンビア大学の研究データでは、野菜を10分煮て損なわれる葉酸の量について報告しています。もっとも葉酸の損失が大きかった野菜は、約85%失われたカリフラワーで、ブロッコリー、ホウレンソウと続きます。

葉酸の減少は、煮る時間はもちろんのこと水の量も関係しており、蒸したり炒めたりする場合は、ごく少量の損失で済むといいます。

しかし、煮た場合でも、野菜から流れ出た葉酸は煮汁に存在していますので、スープとして利用すれば、葉酸をしっかりと摂取することができます。


安全かつ確実に葉酸を摂取するには葉酸サプリがおすすめ!



葉酸が多い食材について述べてきましたが、妊婦さんの場合は「安全かつ確実に葉酸を摂取」しなくてはなりません。その為には、やはり通常の食事に加えて、葉酸サプリで不足した分を補うのがベストです。

妊婦の葉酸サプリの摂取は、厚生労働省からも以下のような勧告が出されています。

{妊娠を計画している女性または妊娠可能な年齢に達した女性に対して、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠1か月前から妊娠3か月までの期間は、食品からの葉酸摂取に加えて栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取が必要であること}

このように、葉酸サプリによってもたらされる妊婦さんへの効果は非常に大きいことが伺えます。

葉酸サプリのメリット

葉酸サプリは、メーカーによって多少異なりますが、1粒でだいたい100μgの葉酸を摂取することができます。そのため、妊娠時であれば1日4粒の摂取が求められます。

多くの葉酸サプリは、妊娠を計画している女性や妊婦さんのために作られたものですので、母体や胎児にとって害となる栄養素(ビタミンAなど)は含まれておりません。

そのうえ、衛生面の配慮や、放射能チェックといった品質の安全性への追及は徹底されており、妊婦さんは安心して葉酸を補うことができるでしょう。

また、妊娠時に足りないのは葉酸だけではなく、鉄分やカルシウムなどの栄養素も不足しがちになりますので、そうした栄養が同時に摂取できるように工夫されたサプリもあります。

葉酸サプリは、栄養面でのサポートはもちろんのこと、初めての妊娠・出産に不安を抱えている女性の心までサポートしてくれる、心強い存在でもあるのです。

葉酸サプリのデメリット

1粒に100μgの葉酸が配合されているため、簡単に必要量を補えるというメリットがありますが、それゆえ飲みすぎてしまうという危険性をはらんでいることも事実です。

過剰摂取による危険性については以下で詳しくお話しますが、どんなサプリでも、定められた量を継続的に摂取できるように留意しておかなくてはなりません。

葉酸サプリの副作用



葉酸は水溶性ビタミンであるため、摂りすぎた分は尿として排出されますから、体内に蓄積されることはありません。その為、葉酸サプリに大きな副作用はないと言われていますが、必要以上に飲んでしまった場合は注意が必要です。


葉酸サプリの上限は、最大で1日1000μg。そのため、「1日に1000μg以上の葉酸は過剰摂取」となります。

葉酸サプリは、1粒でだいたい100μgの葉酸を摂取できます。この場合、1日に飲むサプリは4粒(計400μg)と決まっていますが、「心配だから大目に飲んじゃおう」と1000μgを超える葉酸摂取は、以下のような副作用や危険性がもたらされます。


葉酸過敏症吐き気や発熱、じんましんや呼吸障害などの症状が起こる。


どれも命に関わるような重大な副作用ではありませんが、体や心がデリケートな状態にある妊婦さんにとっては、赤ちゃんへの影響が全くないとは言い切れませんので、こうしたリスクは極力避けたいところです。


Q.赤ちゃんの喘息発生率が高まるって本当?

妊婦に葉酸サプリが推奨されている一方で「妊娠後期に葉酸サプリを飲むと、小児ぜんそくのリスクが25%高まった」という聞き捨てならない研究データが巷を賑わしています。

葉酸摂取の信用性を疑う気になるデータではありますが、実はこれも葉酸の過剰摂取によって懸念されている心配であり、妊娠後期であっても容量を守って摂取すれば何の問題もありません。


こうした副作用・リスクを防ぐためには、規定通り、葉酸サプリで1日400μgを超えないように飲むことが求められます。

<ここまでのまとめ>葉酸摂取を摂取するには?

  • 葉酸はレバーやうにに豊富に含まれている
  • しかし、ビタミンA過剰摂取の危険性があるため注意が必要
  • 妊婦さんには、野菜や葉酸サプリからの摂取が望ましい
  • 葉酸サプリは妊婦さんに必要な量を確実に摂取できる
  • 葉酸サプリも用法・用量通りに飲むことが大切


葉酸サプリの安全な摂取方法



葉酸サプリは薬ではありませんが、その栄養の高さから、上記のような副作用を避けるためにも、用法・用量通りに摂取する必要があります。

葉酸は、妊娠を計画した時点で飲み始めるのが理想的だとお話しましたが、妊娠期間によって、摂るべき葉酸の量は変わってきますので、その点に注意して飲むようにしましょう。

飲む期間と必要量

■妊活中~妊娠初期(妊娠3か月まで)
通常の食事にプラスして、葉酸サプリから1日400μgの摂取が必要です。

妊活中の摂取は、子宮内膜を強化し、着床率のアップにつなげます。また、妊娠初期の摂取は、神経管閉鎖障害のリスク低減や流産の予防としても期待できます。


■妊娠4か月~
食事から480μgの葉酸を摂取するように心がけ、葉酸サプリからは1日240μg~280μgの摂取が理想的です。

この期間になると、葉酸サプリからの摂取は妊娠初期よりも少ない量で十分です。この時期の葉酸の役割は、血中のホモシステイン濃度を低減させることで、流産や早産の予防に繋がること。また、妊娠高血圧症候群の予防に効果的です。


■授乳中
通常の食事に加え、葉酸サプリから1日100μgの摂取が求められます。この時期の葉酸の必要性は、造血効果がもたらす母乳の出の向上や、産後の子宮回復のために重要になります。

飲むタイミング

葉酸サプリを効果的に働かせるためには飲むタイミングも重要になってきます。

サプリのような栄養補助食品は、お腹の中は何もない空腹状態の時に摂取するのが、最も吸収率が高く、ベストなタイミングであると言えます。胃腸が弱い方は、食後の摂取をおすすめします。

しかし、葉酸のように水溶性ビタミンである場合は、尿として排出されてしまいますので、一度に摂取してしまうと、そのほとんどが一緒に流れ出てしまうことになります。


その為、きちんと葉酸を体内に吸収させるためには、数回にわけて飲むのが望ましいです。朝・昼・晩と、それぞれ食事をとる前に、葉酸サプリを1粒ずつ飲むようにすると良いでしょう。

睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んになることから、葉酸が働きやすい環境となります。そのため、夜寝る前に葉酸サプリを飲むことで、その有効性は高まるでしょう。

サプリは水で飲む

葉酸サプリはお水で飲みましょう。お水は、ミネラルとともに、葉酸の栄養を阻害することなく、体内へとスムーズな吸収を促します。

一方で、サプリを飲むときに避けたいのが、お茶やコーヒー、紅茶など、カフェインやタンニンを含む飲み物です。これら成分は、葉酸に限らず、栄養の吸収を阻害する働きがあるため、十分な効果を得ることができなくなります。

その他注意点

■薬との飲み合わせに注意!

薬の成分によっては、葉酸サプリの効果を低下させたり、相互作用が強まる可能性もありますので、薬との飲み合わせに注意しなくてはなりません。

<飲み合わせが悪い薬>

  • メトトレキサート(抗ガン剤)
  • バルビツール(睡眠薬)
  • フェニトイン、バルプロ酸(抗てんかん薬)
  • ピル(経口避妊薬)
  • アスピリン(解熱鎮痛剤)


これはほんの一部ですが、抗てんかん薬のフェニトインの場合は、双方の効果を低下させてしまうことがわかっています。いずれにしても、服用中の薬がある場合は、必ず担当の医師に相談をしてから葉酸サプリを飲むようにしましょう。


妊婦さん必見!上手な葉酸サプリの選び方

妊婦さんが葉酸サプリを選ぶために重要な5つのポイントについて紹介致します。

(1)葉酸は400μg以上配合されているか

先天性奇形の発生率を下げるためにも、厚生労働省はサプリメントでの400μg以上の葉酸摂取を推奨しています。そのため、葉酸含有量が400μgを満たしているサプリを選ぶ必要があります。


(2)モノグルタミン酸型の葉酸であるか



葉酸には天然と合成のものがあります。どんなサプリメントでも天然の方が安全そうで迷わず選びたくなるところですが、妊婦さんにとっては必ずしも天然葉酸が良いとは限りません。

というのも、厚生労働省が妊婦さんに推奨しているのは、実は合成葉酸(モノグルタミン酸葉酸)の方だからです。


天然よりも合成が勧められている理由としては、ひとつに体内への吸収率の高さにあります。食品などに含まれている天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)と合成葉酸は、同じ配合量であっても、その吸収率は約2倍異なるといわれています。

もちろん、天然だから悪いという訳ではありませんが、十分な量の葉酸を摂取したい妊婦さん(特に妊娠初期!)にとっては、モノグルタミン酸型葉酸で必要量を補うべきだと言えます。


「天然型」や「天然由来」と謳っていたり、成分表に「葉酸」と記載されいる葉酸サプリは、モノグルタミン酸型葉酸を使用していますので、その点に注目して選ぶと良いでしょう。


(3)余計な添加物は入っていないか?



香料や着色料など、サプリを飲む上で必要ない添加物が配合されているものはおすすめできません。添加物によっては、赤ちゃんへの影響も考えられますので、無添加であることに越したことはありません。

しかし、現在販売されているサプリの中には、多かれ少なかれ添加物が入っているものがほとんどです。安全性が確立しているとは言え、リスクは最小限に抑えたいところ。

赤ちゃんの為にも、妊婦さんの場合は特に、安心して飲めるサプリを選びたいですよね。


(4)葉酸の他、妊婦さんはじめ女性に必要な成分は入っているか?

妊娠中は、葉酸以外にもたくさんの栄養が必要になります。赤ちゃんの骨や歯を形成するカルシウム、栄養を送り届けるための血液には鉄分が必須です。妊娠中は貧血になりやすいので、葉酸と同じくらい鉄分の含有量に注目しなくてはなりません。

また、便秘でお悩みの妊婦さんも多くいますので、そのような場合は乳酸菌や食物繊維といった腸に働きかける成分が配合されたものを選びましょう。


葉酸サプリの中には、オーガニック食材から抽出したビタミン・ミネラル、コラーゲンなど美容にうれしい成分を配合したものもあります。妊娠中はもちろん、子育てが始まると美容に費やす時間や余裕が無くなってしまいますよね。

葉酸と同時に美容成分を摂取できれば、美容ケアもできて一石二鳥です。相乗効果で美肌力もアップしますよ。


(5)口コミやランキングを参考に



葉酸サプリはネットで購入している方が多いと思います。ネット通販で購入するメリットは、何といっても種類の豊富さや品質の高さが一番だと言えます。

とは言え、どのメーカーも自分の商品に自信がある為、魅力的な宣伝文句で消費者を誘ってきますから、結局どこのサプリが良いのかわからない…という声が多く聞かれます。


そこで参考にしたいのが、実際に飲まれている方の口コミやランキングサイトです。もちろん、みんなが評価しているからと言って、自分にも合うかどうかはわかりませんが、安心材料のひとつとして重要なポイントとなるでしょう。

ネットで買えるサプリの中には、初回限定でお得な価格で購入できるものもありますので、気軽に試してみることもできますよ。


下記では、先輩ママさんや現役妊婦さんに人気の葉酸サプリを5つ紹介しています。葉酸サプリ選びでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

当サイトでは、妊婦さんはじめ女性達が安心して葉酸摂取ができるように、葉酸サプリに関する情報を発信していきます。これから妊娠を考えている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

 葉酸サプリ、おすすめは?